00003

不採用でも落ち込まないで!採用する側の事情で変わる合否

2016年11月29日

転職に望む際、必ず面接などのハードルを乗り越えなければなりません。
あなたが現在の会社ですばらしいパフォーマンスを出していてもなぜか落ちてしまう。冒頭から落ちる話で恐縮ですがそんなこともあるかも知れません。しかし、それはプロジェクトや募集部署の要望にたまたまマッチしなかったということ。あまり悲観的にならずに転職活動を続けていきましょう。

なぜ落ちてしまったのか?

あなたがもし不採用の連絡をもらった場合、自分を責めてしまうことはありませんか?能力が足りなかったのか、面接でうまくアピールできなかったからか、年齢のせいか、性別のせいか…。実はそれだけが理由ではない場合が少なくありません。

採用する側の都合

採用する側の目線で考えてみましょう。とある部署に欠員が出てしまい、どうしても穴埋めの人材を採用しなくてはなりません。そこで募集をかけるのですが、前任者の能力に等しい人物が欲しいものの、募集要項に載せるには少し細かすぎる要望があると過程します。例えば前任者は持っているスキル以外に「気が利く人」とか「会社の古株だったため社内事情に詳しい」とか「前の部署で○○部長と仲が良かったため稟議が通しやすい」など、個別の事情があったりします。

人員計画の中でどのような人物が欲しいかというオーダーを確認する時「前任者と同じような人柄」など、無茶な要望が出る場合があります。人事も困ってしまいますが、募集要項に載せやすいように汎用的なスキルを中心に募集をかけます。細かく設定しすぎると応募全くこないという事態に陥ることもあるからです。採用活動もタダでは無いため、なるべく応募を受けて複数にの中から絞り込もうとします。ようするに網の目を広く張るのです。
すると、やはり要望にはそぐわない者が応募にやってきたりしてしまう可能性もあるので、採用には至らないということになります。

新卒はポテンシャルで採用する

これが新卒採用の場合、もう少し別の見方をして面接に挑みます。新卒の場合、全く社会人経験が無い状態を審査するのですから、将来性に期待しつつ、会社の中でうまく成長していけるかという目線で選考します。期待値半分、人柄半分です。当然ながら学生時代の活動などで「リーダーシップがとれる」とか「サークル活動でチーム運営をした」など、会社でのプロジェクトに適応できそうな項目をあてにして判断することも出来ます。

まとめ

転職に関する前述の例は極端ではありますが、あなたの能力と企業側は欲している人物は履歴書と募集要項はあまり差異が無いように見えても隔たりがあるものです。人間そこまで一律の型にははまらないのですから。
不採用にも悲観的にならず、単にマッチングがうまくいかなかったと割り切って次の企業へ勇気を持ってアプローチしていくことが大事になるでしょう。