00020

面接でやってはいけない受け答え!ネガティブになっていませんか

2016年8月26日

実は、面接ではこれだけはやってはいけないという受け答えがあります。やってはいけないのに、無意識のうちにやってしまいがちなタブーをここでご紹介いたします。

転職理由がネガティブすぎる

みなさんはどのような理由で転職を決めましたか。転職をするというのは、ほとんどが前職ではなにかしら満足ができなかったからでしょう。
人間関係が悪かった。給与が低い。残業が多すぎる。そして、キャリアアップという理由でさえ、伝え方次第ではネガティブに捉えられます。

人は無意識で話すと、誰かのせいにしてしまいがちになります。
前職の環境が悪かったから、自分の思うような仕事ができなかったなどと、実は悪口のつもりはなく事実を話しただけなのに、悪口のように感じる面接官も少なくはありません。

パワハラがあった場合でも、つらつらと悪口のようなものを述べないようにすることが大事です。
また、自分ではこのような対処もしてきたと、改善しようとした努力も伝えるといいでしょう。

転職理由と志望動機に筋が通っていない

転職理由と志望動機に矛盾が感じられると、面接官は不信感をいだきます。
たとえば転職理由は「キャリアアップのために転職を決意いたしました」とします。
それなのに志望動機では「給与よりも職場の雰囲気がよく」と言ってしまうと、キャリアアップのために転職というのは建前なのかもしれない。と見ぬかれてしまいます。
志望動機のほうが本音であるならば、本音のほうを優先しましょう。建前だけを述べても、面接官は見抜いてしまいます。

企業情報をきちんと調べていない

企業情報を調べるなんて当たり前のこと!と思うかもしれませんが、何十もの企業の面接を受けていると、どんどん企業情報をしっかりと調べていくことが間に合わなくなります。面接会場へ行く前の電車の中で慌てて調べることも。
どんなに疲れてきても、本命の企業情報はしっかりと下調べをしておきましょう。
わりと突っ込んだ質問に答えられなくなり、しどろもどろとなってしまいます。

そうなると面接官は、自分の会社に興味がそれほどないのだなと思い、採用する意志がぐんと下がってしまうのだと言います。