00019

夢を捨てきれずに転職した人たち

2016年1月28日

サラリーマン/OLとして働いていたものの、ふとしたことがきっかけで転職を決意。
転職先はといえば、どこかの会社ではなく、自分がやりたかった夢。その夢を追って転職した結果、夢を実現させた。そんな夢物語な話実際にあるものか。と思う人もいるかもしれません。 しかし、現実は、そのような夢を実際に叶えた人が多くいるのです。
例えば、シンガーソングライターのスガシカオさんはその実現させた1人です。お笑いコンビアンジャッシュさん、おぎやはぎさんも元々芸人を目指しているわけではなく、ふとしたことをきっかけに夢を追いました。今回は、そのような人になるためには何が必要なのかまとめてみました。

やりたいことをやることは正しいことでもある。 

サラリーマン/OLの人でも夢を追うことは間違っていることではありません。やりたいことをやるということはとても大切なのです。たまたま転職した先が、会社ではなく個人で表現する仕事と言えば良いかもしれませんが、転職して夢を追うことと、アーティストや芸人といった表現者になることは同じといえます。とは言っても、夢を追うと簡単に言いますが、実際夢を追うことがよく分からないという人もいるのです。そんな人のために、夢を追うためには何が必要なのか。まとめてみました。

(1) 好きなことに正直であること。
夢を追うためには、好きなものが必要です。好きなものだからこそ、自分なりの考え方があり、こうしたいという思いがあります。何をはじめるにしても、好きなものがなければ何も始まりません。そのため、好きなことに好きであると同時に、好きなもののことを真剣に考えることが出来る人であれば、夢を追う人としての最初の入り口は開けたと言えるでしょう。
(2) 夢を追う覚悟を持つ。
好きなものがあると同時に大切なことは、覚悟を持つということです。今の自分の環境を投げ捨ててでもその道を追っていきたいという気持ちが大切です。この覚悟が大切なのです。この覚悟があれば、どんな苦難な状況でも立ち向かうことが出来るのです。夢を追うということは、覚悟を持つことでもあります。覚悟を持っていないと途中で心が折れてしまう可能性があるので、夢を追いたいと思ったら、覚悟があるのか?ということも自分自身に問い詰めることも大切です。

まとめ 

会社員の人が、夢を追うとなると、周りから猛反対をされることが多くあります。確かに、夢実現するかどうかは正直わからないことがあります。しかし、夢を追うという行為をした時点で可能性はいくらか何%か実現する可能性を秘めているのです。 最初から諦めるのではなく、決心して諦めずに挑戦する  その気持ちでいることが大切だと思います。もちろん、このマインドは夢を追うということだけではなく、転職活動でもとても大切なことだと言えます。