010

転職後3ヶ月の過ごし方。

2015年9月27日

競争率の高い転職活動を経て、晴れて転職活動に成功。ここで一息ついていけはいけません。スタートラインに立っただけで、転職活動を終わらせたにすぎません。ここからどのように新しい職場で過ごしていくのか。ということが大切になってきます。 転職後どのように過ごしていけば良い流れでいくことができるのか知りたくありませんか。 今回は、転職後の過ごしかたにポイントを置いて、説明をしていきましょう。

転職後1ヶ月は情報収集 

転職後すぐに、「自分の名前を覚えてもらわなければ」と思う人が多くいるのではないでしょうか。早く名前を積極的に覚えようともらい、あれやこれやと目立とうとする人がいるかもしれません。しかし、これはあまり良くない作戦なのです。会社の情報収集をすることが大切なので、まず1ヶ月で行うことは、転職先の会社がどのような会社で、どのような仕事をするのか。人間関係も把握しておくことも大切です。転職活動中では得られなかった情報を1ヶ月で情報収集させることがとても大切なのです。無理に自分の名前を売るということではなく、どのような会社なのかということをしっかり把握することが大切です。そして、情報収集以外に大切なことは、職場の人の名前を覚えること。覚えてもらう前に、覚えることが大切なのです。

成果を出すのは3ヶ月 

とにかく最初の1ヶ月は、情報収集に徹します。そしてそれから、人間関係を整理して会社の状況を把握。これがいわゆる準備段階です。ここで、仕事に打ち込むための体制を整えることが大切です。そして、その後仕事の成果を発揮するために積極的に取り組むということが、転職後に大切な動きなのです。ここで、うまく成果を出せば「会社の立派な1員として認められ、会社で戦力として活躍すること間違いないのではないでしょうか。」
ここで大切なことは、 状況把握を最優先に行うことが転職後に大切なことである  ということなのです。

転職後は焦らず客観的になることが大切! 

転職後の大切なポイントを簡単に説明しました。初日から飛ばして目立つということではなく、客観的に会社を見渡して、自分がどのような立ち位置で仕事をこなしていけば良いのかということを考えることがとても大切なのです。自分を最優先にするのではなく、会社にとって認めてもらうために、会社に慣れるということが大切です。そこから、自分のパフォーマンスを発揮することが出来れば会社の一員として認められるでしょう。